スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

結婚と幸せについて

2009年08月17日

今日、友人のMさん夫婦とその1歳の子どもと居酒屋にいった。

…というのは、Mさんは子どもが産まれてからずーっと子育てと家事と仕事に専念していた。
だから、久しぶりにしばしの休息をとりたいってことで、彼女の願いで実現したひとときだった。

夕方4時半に居酒屋について、私とMさんでビールとおつまみを食べた。
その間、Mさんのだんなさんが車の中で子守。
実はだんなさんは、子守を二時間以上出来ないみたい。
子どもがぐずったら、すぐお手上げ状態でいつも奥さんにバトンタッチ。
これが毎日。

今日は結局6時ころまで楽しんで、その後Mさんは再び子育て係りに…。

これが、結婚というものか。
これが、子育てというもか。

Mさんは、もちろん今の生活に満足してるし幸せだと話しているけれど、
「結婚していなければ・・・OO出来るのになあ…」と言葉の中に思いがぽろぽろこぼれる。


結婚ってどういうことなんだろう・・・?

私は、結婚をしていない。
休みの日は自分の好きなことを好きな時間にやれる。
寝たいときに寝て、起きたいときに起きて。
食べたいものを好きな場所で食べられる。

一人ってどういうことなんだろう・・・?


早く結婚したいと、私の同期の友人が皆言う。
私も、もちろん素敵なパートナーと出会えたら・・・と思っている。
結婚=幸せな人生 がおくれるはずと信じている。

それじゃ、結婚しないで人生を全うしている人は不幸なのだろうか?
子どものいない夫婦は不幸なのだろうか?
出会いのない人は不幸なのだろうか?

立ち止まって考えると、結婚=幸せな人生 という考え方は
たくさんの人を傷つけているような気がする。

結婚せずに、自分の人生を全うし、一生懸命生きて、輝いている人はたくさんいる。


結婚してもしなくても、所詮人間は一人である。
自分は自分だけである。
結婚したからといって2人が合体して、1人になるわけではない。

結婚は、「生活を共にしよう」という約束事を取り交わした一つの証であって、
その証は、社会が生み出したルールに過ぎない。
一生約束を守るなんてどこにも保証はない。

独身でもたくさんの人たちと支えあいながら」、幸せを築く人はたくさんいる。


それでは、何が幸せな人生なのだろうか?

私は、こう思う。

一人ひとりが自分の持っている可能性(力)を最大限発揮して
多くの人に力を互いに分け与えながら、お互いの幸せを喜び合える…

そんな人生をいうのではないだろうか。

そこには結婚とか、独身とか関係ない。

その人が今を一生懸命に生きること。

それが幸せというもの。

結婚して幸せになろうという考え方はおかしいと思う。

結婚するしないに関わらず、
結婚ばかりを夢見るあまり、今のこの時間を大切に思うことを忘れてはいけない。
今このときにもたくさんの奇跡が起きている。
たくさんの人に支えられている。
今結婚していないからこその大切な何かがたくさん詰まっている。

今を幸せな生活と思えない毎日を送っていては
これからもきっと幸せになれない。

私がこの世に生まれて、
今だからこそ私に出来ることがあるはず。

もっと毎日を大切に。

毎日のたくさんの人との出会いを大切に。

自分に与えられた命の重みを忘れずに。


幸せは「今」という時間の中にたくさん詰まっている。





  


Posted by スマイル at 23:04Comments(0)

I Love Cookking

2009年08月17日

今日は一日クッキングづくしだった。
午前中から料理教室にいて、午後も引き続きチーズケーキ作り。
料理教室、迷わず更新手続きしちゃった♪

うちに帰ってから、おなべでコトコトご飯炊き。
電気コンロだから加熱の加減が難しかったけど、どきどきしながらふたを開けたら…
大成功!
おなべで炊いたご飯、ふっくらして美味しい~
炊飯器とは全く違う味がするのが不思議。
心のこもり方も違うのかな?

ご飯炊いてる間、本を開いたら、格言の書かれたしおりが入ってた。
その本は齋藤孝さんの本。
渋沢栄一さんのことがかいてあるページの間に入ってた。

しおりにかかれた文章は、私の尊敬する松下幸之助さんの言葉だった。

「学ぶ心」

学ぶ心さえあれば、万物すべてこれわが師である。
語らぬ石、流れる雲、つまりはこの広い宇宙、
この人間の長い歴史、
どんな小さいことにでも、
どんな古いことにでも、
宇宙の摂理、自然の理法がひそかに
脈づいているのである。
そしてまた、人間の尊い知恵と体験が
にじんでいるのである。
これらのすべてに学びたい。

松下幸之助

この言葉たちが意味する学びを想像すると、
自分を取り巻くすべてのことが先生になる。
学ぶ気持ちがあれば、どんなことからでも
学ぶべき要素を見つけられるはず。
どんな人からでも、どんな悪しきことからでも
学ぶべきことは必ずある。
それが見つけられないとすれば、
自分自身にみつける力が無いからだ。

最近私自身、
少しずつだけど、
目の前におこるさまざまなことから
光のかけらみたいな大切なものを
いただいているような気持ちになることが多いって感じてた。

今までは、悪い事や苦手な人と出会ったりすると、
暗い気持ちになったり、
いやなことばかりが目に付いて
それっきりになっていたことが多かった。

でも、最近ほんとにどんな出会いがあっても
ありがたいと思えるようになってきた。
それはほんとに気持ちのよいもので、
そのままを受け入れられるということが
本当に嬉しくて、
身も心もふわっと軽くなる感じ。
今日という一日が、
毎日とても満たされていて、
今までと変わらない毎日の出来事が
とても貴重に思える。

お盆も過ぎる今日の日だけど、
私は今年、自分が生まれ変わったといってもいいくらいの変化をすでに感じている。
これからもきっといいことがあると、確信している。
きちんと努力していけば、
必ず実になると信じている。





  


Posted by スマイル at 00:01Comments(0)