恋愛脳

2009年08月29日

今日は仕事がお休みで、本屋に行った。
またまた茂木健一郎さんの本が目にとまってしまい、また買ってしまった。
茂木さんの本買ったの、これでいったい何冊目なんだろう?
それはさておき、今回の本は茂木さんにしては、かなりカジュアルな感じの珍しいテーマの本だった。
テーマは恋愛について。

なんでこの本を買ったのか?といえば、
まず第一には、茂木さんの書く本は必然的にまず読まなきゃいけない気がするから。

でも今回はもうひとつ理由がある。
現在、私の同僚が、盲目ともいえる恋愛の真っ只中。
ちょうど今、「この恋はこの先うまくいくのか、どうなのか・・・!?」っていう状況だったから
最近、私もつられて彼女の心の浮き沈みに乗っかっちゃってた。
そんなわけで、恋愛脳のしくみに興味をもってしまった今日この頃。

今回の本は内容的にはあっという間に読めるし、自分の中ですでに理解していたことも
結構書かれていたけど、気になったフレーズもいくつもあった。
せっかくなのでブログにとどめておこう。
ちなみにこの本、私よりも同僚の子にぜひ読んでもらいたいかも…。


『脳は0.1秒で恋をする』(PHP)


・「あの日あの時間、あの場所に行ってこの人と出会った」。
それらはすべて単なる偶然の積み重ねです。
けれども、そのすべてが、自分にとっては「単なる偶然」ではなく必然だったのだ。
そのように後に確信を持ってそう意味づけできるような人生を歩む。
もしかしたら運命の「赤い糸」とは、過去への感謝の気持ちなのかもしれません。

・一人ひとりの脳が独立している以上、人間が「孤独」感から完全に開放されることはありません。
「人間は根本的には皆、孤独である」、けれどもその垣根を越えて、
ふたりでいることの幸せをその瞬間瞬間で感じ取ることができる、
それこそが幸せな恋愛のあり方なのです。

・恋愛とは、相手を見つめることではなく、二人で将来を展望できることなのです。

・恋愛という言葉は、「恋」と「愛」の二文字から成り立っている。それでは究極の「恋愛」とは何なのか?
「相手のよいところを見て恋に落ち、欠点を受け入れたときに愛に発展する」ということではないだろうか。
「相手の欠点を受け入れる」ということは、「愛」の一つの証です。
最終的に、「その人と歩んだ時間が、自分の人生から切り離すことが出来なくなっている」ということを悟った瞬間、
それが「愛」になるのです。

なかなかいい文章。
茂木さんの恋愛脳論、意外に文学小説的!



Posted by スマイル at 23:12│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
恋愛脳
    コメント(0)